中国文化・漢文学の研究とそれに基づく教育への寄与を目指す学術団体

menu

中国文化学会

2017年度中国文化学会大会のご案内

 2017年度中国文化学会大会を、下記の通り、早稲田大学戸山キャンパスにおいて開催いたします。
 研究発表の他、高橋均氏による講演「『日本国見在書目録』の基軸—その編纂過程をめぐって—」も予定されていますので、奮ってご参加ください。

 一般の方々の参加も歓迎いたします(受付時に、資料代他として1,000円をお支払いください)。

 

 

  日 時: 2017年6月24日(土)10時より
     
  会 場: 早稲田大学戸山キャンパス33号館(3F)第1会議室
    *アクセスとキャンパス案内図は、早稲田大学ホームページ「戸山キャンパス交通アクセス」をご覧ください。
   
  プログラム:
    受付開始(9:30)
    開会(10:00)
    研究発表 午前の部(10:10~12:10)
    一、 宣教師から見た「祭」—フランソワ・ノエル『中国哲学三論』「第二論文」を中心に—
      竹中 淳 氏(筑波大学大学院)
    二、 唐代の論書詩における書体観 
      剣持 翔伍 氏(筑波大学大学院)
    三、 夔州期における杜甫の詩作について
      樋口 泰裕 氏(文教大学)
    四、 章学誠〈文史校讎之学〉における経書の位置
      渡邉 大 氏(文教大学)
    昼休み(12:10~13:10) (理事会12:20~ 会場:同館16F第10会議室)
    研究発表 午後の部(13:20~14:20)
    五、 李商隠の詩歌の創作に対する杜甫詩の影響
      加固 理一郎 氏(文教大学)
    六、 日本時代の台湾における公学校漢文教育—書き言葉近代化への道のり
      樋口 靖 氏
    講演(14:40~16:10)
    『日本国見在書目録』の基軸—その編纂過程をめぐって—
      高橋 均 氏(東京外国語大学名誉教授)
司会:内山 直樹 氏(千葉大学)
    総会(16:20~17:20)
    懇親会(17:40~19:40)
      会場:早稲田大学戸山キャンパス33号館第1会議室(研究発表・講演・総会会場と同じ)
参加費 : 一般6,000円、学生3,000円
   
  *なお、PDFファイルのご案内もございますので、こちらもご利用ください。



関連記事

アーカイブ