中国文化・漢文学の研究とそれに基づく教育への寄与を目指す学術団体

menu

中国文化学会

12月例会のご案内

 下記の通り、例会(発表、資料展示)を開催いたしますので、奮ってご参加ください。
 一般の方の参加を歓迎いたします(資料代として300円をお支払いください)。

 

  日 時: 2017年12月9日(土) 15時より
  場 所: 大妻女子大学千代田キャンパス642教室(本館F棟6階)
(千代田区三番町12。JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩10分、地下鉄半蔵門駅より徒歩5分)
※F棟正面入口からは、入口すぐのエスカレータか、左奥のエレベータにて6階までお出でください。
  発表題目・発表者:
  西泠印社創始者の印学観とその位置
   正岡 知晃 氏(筑波大学大学院)
  資料展示 第31回(玉篇各種):
   

①慶長整版『大広益会玉篇』(昭和八年巌松堂書店影印本)
②『大広益会玉篇』(七冊三十巻 寛永二一年・一六四四刊)
③『大広益会玉篇』(三冊合本三十巻 慶安四年・一六五一刊)
④『四声玉篇和訓大成』(六冊六巻 寛政四年・一七九二刊)

     

関連記事

2021年度の例会については以下をご覧ください。

○ 大会・例会の実施について
9月以降の例会発表者募集