中国文化・漢文学の研究とそれに基づく教育への寄与を目指す学術団体

menu

中国文化学会

5月例会のご案内

 下記の通り、例会(発表、資料展示)を開催いたしますので、奮ってご参加ください。
 一般の方の参加を歓迎いたします(資料代として300円をお支払いください)。

 

日 時: 2015年5月9日(土)15時より
場 所: 大妻女子大学 A棟357講義室
(千代田区三番町12。JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩10分、地下鉄半蔵門駅より徒歩5分)
※正門ではなく、市ヶ谷駅よりのA棟入口(ここが3階)から入り、左側に並ぶ教室の一番奥。
発表題目・発表者:
○王漁洋の「悼亡詩十二首」について
荒井 礼 氏(宇都宮大学非常勤)
○庾信から趙王へ ―「周趙王集」の全体像と価値―
安藤 信廣 氏(東京女子大学)
古籍展示:
第25回 近代学者の筆跡
①羅常培から大矢透への献呈辞(莫友芝著「韵学源流」)
②馬宗霍「音学通論」原稿及び刊本
③伝・王力「音韻学」原稿
④周祖謨、張志公など

関連記事

 

2020年度の大会・総会、9月例会を中止します。
詳しくは、こちらをご覧ください。